DRTタイニークラッシュ/K9等のオリカラ アングラーズ編

オリカラ
スポンサーリンク

DRTタイニークラッシュ/K9等のオリカラ アングラーズ編

えぐっさんです。まいど!
巷では超人気ルアーで入手困難なDRT(ディビジョン)のタイニークラッシュやK9(クラッシュ)。
メーカーリリースの標準カラー以外にショップのオリジナルカラー(オリカラ)が多いのも魅力の一つです。
そんなショップオリカラ情報をまとめます。

▼タイニークラッシュ販売情報▼はここをクリック!(Amazon)
▼タイニークラッシュ販売情報▼はここをクリック!(楽天)
▼タイニークラッシュ販売情報▼はここをクリック!(Yahooショッピング)

スポンサーリンク

アングラーズのオリカラ

究極ベイトフィッシュ

館長が提案する全水域対応カラー

バスが口にするベイトフィッシュのカラーを忠実に再現。
フナや鯉、オイカワやハス、モロコなど魚は常に上からは鳥に狙われ、
下からはバスなどフィッシュイーターに狙われ続けています。
そこで魚は少しでも目立たないように背中は黒っぽく、
お腹は見上げた時に見えにくい白っぽい配色になってます。
淡水だけでなくアジやイワシなど海の魚もベイトフィッシュはこの配色になってでしょ。
そういう理由からなんです。
で側面ののウロコはというと、これは鏡の役割をしているんです。
水中でウィードならウィードを岩場なら岩場を写し出して自然と同化する為ですね。
では、何故全水域対応なのか?
そもそもベイトフィッシュがクリアに居ても、マッディーウォーターに居ても色変わりませんよね?
それが答えです。一本持つなら間違いなく究極ベイトフィッシュです。
o1080068814340868004
o1080060714340867995 (1)
o1080043714340868009

レジェンドチャート

究極ベイトフィッシュと対極にある膨張色
徹底的にベイトに合わせたのが究極ベイトフィッシュなのに対し、
膨張色のチャートも必ず必要になるカラーです。
このチャートの配色を見て「おぉぉぉぉ!!」と唸ってくれた方は超ベテランかチャートの本質を分かってる方です。
(オレンジベリーにしてないところが最大の拘り。
バックにかけてもブルーを入れずに少し強調するくらいにわざと仕上げています)
このカラーの使いどころも実は全水域OK。
えっ!?クリアウォーターでこんなカラー使えないでしょ!!
使えるんです。それも考えてこの配色にしています。
究極ベイトフィッシュに反応が無い時がこのカラーの出番。
もちろんマッディーウォーターではこのカラーから入ってもらいたいし、
ナイトフィッシングでも抜群の反応を見せます。
バスがルアーを全てエサ思って喰ってきてくれるのなら、
全カラーナチュラルで良いんですがそうではないですよね?
そういう事です。

o1080060714340868015 (1)
o1080064614340868024
o1080064814340868032

画像とカラー説明はアングラーズ石井館長のブログから引用

アングラーズ石井館長のブログ

<えぐっさんのコメント>
個人的には「究極ベイトフィッシュ」が欲しいです。
アルミホイル的な見た目がまんま「イワシ」みたいで、ベイトフィッシュですよね。

「究極ベイトフィッシュ」に反応が無い時の為に
対極のカラーとして「レジェンドチャート」が設定されているのも憎い心配りですね。
石井館長すごいなぁ・・・

アングラーズは一回の入荷数もそこそこあるみたいなので抽選販売でも意外と当たるみたいです。

タイニークラッシュのオリカラまとめ

コメント

タイトルとURLをコピーしました