【完全受注生産1/5まで】メガバス 「サイバーイリュージョン」リスペクトカラー第38弾

Megabass
スポンサーリンク
スポンサーリンク

【完全受注生産1/5まで】メガバス 「サイバーイリュージョン」リスペクトカラー第38弾

えぐです。まいど!

鬼才のアングラー伊東由樹氏が1986年8月15日に立ち上げた『Megabass メガバス』社。ロッド『デストロイヤー』シリーズやルアー『POP-X』『グリフォン』『DOG-X Jr.コアユ』等で有名です。みなさんのタックルボックスにも入っているのでは?もちろん私も使っています。

当初はバス関連のロッドとルアーでしたが、今ではバス関連にとどまらず、ソルトルアー、リールなど、あらゆるフィッシングタックルをリリースしています。

メガバスのロッドやルアーは基本性能である本質的な『釣れる力』だけではなく、『見て美しい』優れた機能美・造形美・美しいカラーリングもメガバスの魅力です。

メガバスオンランショップはこちら(画像クリック)からどうぞ!

サイバーイリュージョンはこんなカラー

メガバスが誇る往年の名作カラーの歴史や秘密を紐解く「メガバス・リスペクトカラー」シリーズ。メガバスオンラインショップでのみ、期間限定で完全受注生産される人気シリーズです。

”4th Stage第38弾カラーとして『サイバーイリュージョン』が登場です!

「ボディ全体はクリアベース」「背中は薄いグリーンのイリュージョン塗装」とクリアベース+イリュージョン塗装という、珍しいカラーリングです。クリア系なので水に溶け込みやすいナチュラル系のベイトフィッシュカラーです。

ボディ全体がクリア系の半透明ですごく水馴染みの良いカラーで、背中のグリーンのイリュージョンがプラグがアクションした時に絶妙な加減でキラキラします。

背中は薄いグリーンです。背中がグリーンとは一見地味なカラーリングですが、実はビッグバスに効くカラーです。実際のベイトフィッシュを見てみると結構似た感じのカラーリングなのです。

全体がクリアだとトップウォーターで使う時に視認性が悪いのですが、テールのピンクがサイトマーカーの役割を兼ねています。ボディがクリアなせいか、テールのピンクが結構見えるんですよね。

このカラーがすごく映えるのは、ベイトが多い状況下で効果を発揮します。クリア系のボディと背中のグリーンが実にベイト的で、クリア系なので一見は発見されにくいのですが見つかった時に迷わずバイトに持ち込む強さがありますね。

秋から冬の寒い時期の日中とかベストマッチ。春も寒い朝で昼間に気温が上がったときとか良い感じです。

このカラーはトップウォーターでもミノー等の水中で使うルアーでも両方で活かせるカラーですね。

サイバーイリュージョンはエリアトラウト向けにシングルフックチューンを施したX-70やベビーグリフォンなどに採用されていたクリアベースカラー。

登場したのは2008年頃とこれまでにご紹介したリスペクトカラーの中では比較的新しい部類に入るが、近年のメガバスのカラーリングでは珍しいクリアボディ+IL(イリュージョン)塗装という限定的なカラーである。

ブルーグリーンに輝く背中のIL塗装は光の当たり具合によって多彩な色調変化を見せ、クリアボディの透明感も相まって非常に美しいカラーリングとなっている。

また、人気エリアポンドのスレきったマスにも難なく口を使わせてしまうことから、一部のアングラーの間ではシークレットカラーとしても使用されていたカラーである。

テール部のピンクドットはマス特有のショートバイトを視覚的に捉える為のインジケーターとして機能し、クリアポンドにおけるサイトフィッシングでは特に威力を発揮した。

この配色はバスフィッシングにおいても有効であることは明白であった為、後にトリプルフック仕様の各種フィネスプラグにも採用された経緯がある。

現在は廃番カラーとなっており、長らく生産がなかった点からも貴重なラインナップとなるはずだ。

https://jp.megabassstore.jp/respect-color/38-cyber-illusion/

静岡野池攻略のスペシャリスト 狩野 陽氏

クリアレイクでトップウォーターの釣りを展開していた際、「あと一歩で食わせられなかった…」といった経験を皆さんもお持ちではないでしょうか。私もその一人ではありますが、このサイバーイリュージョンはその「あと一歩」を食わせに変えるカラーなんです。特にハイライト時に有効なカラーで、水馴染みがよく太陽光に照らされた時にも違和感がなくバスに自然と口を使わせることが可能です。背中のIL塗装は角度によって色が変わるため、アピール力も兼ね備えています。ピンクスポットはアングラー側の視認性を上げてくれるので、クリアウォーターで外せないカラーの一つです。

藪漕ぎが得意な野池マニア 越智 一輝氏

とにかく魚にルアーのシルエットをハッキリ見せたくない、という状況で使用していただきたいカラーです。テールにあるピンクのマーカーでルアーの位置が確認できるので、サイトフィッシングで使用する際もトレースコースやスピードの調整がしやすいです。また、光の透過率の影響なのかクリア系カラーにしかバスが反応しない状況も稀にあるので、ここぞ!という場面で使用するファイナルウェポンとして1つはタックルボックスに忍ばせておいて良いカラーでしょう。クリアウォーターで実績の高いカラーなので、サイトフィッシャーマンにこそオススメしたいカラーとなっております。

刺激優先型クロスカルチャープレイヤー かつぅ氏

こういうカラー、好きです(笑)使いドコロと言えばやっぱりリザーバーなんかのクリアウォーターなフィールドなんですが、アクションの支点となる顔周りがブルー、そしてウォブルした時に一番動くテール付近がピンクなので、絶妙にチラチラとルアーの存在をアピールさせる事で魚をソノ気にさせるカラーだなって感じです。ベイトが集まっているようなシーンで、あえてベイトのサイズより大きめのルアーをチョイスし、波動は強いけどカラーは水中に溶け込んで存在感を薄くしている、そんなイメージで使ってみてください。ハマれば抜群にチカラを発揮してくれるカラーだと思います。

メガバスファクトリーマイスター 熟練のコスメ職人 鈴木 慎太郎氏

IL塗装の色調変化、クリアボディの透明感を最大限に引き出したカラーです。あまりイメージが無いかもしれませんが、意外とクリアカラーというのは水中で強くフラッシングし、クリアウォーターにおいてはリアクション効果が高いカラーです。ホロやメッキ系のギラギラしたフラッシングには反応しない魚もクリアカラーのフラッシングには反応する事もあるので、持っていて損のないカラーです。

アイテムラインナップ

今回のリリースでは全12アイテムがリリース!「すべての商品をカートに入れる」をやってみたいですねえ。

私はコアユスライドシンカーとクワイエットグリフォンSR-Xを買おうと思います。

POPX(ポップX)
POPMAX(ポップマックス)
VISION ONETEN LBO (ヴィジョン ワンテン LBO)
New SR-X GRIFFON(ニューSR-Xグリフォン)

X-80Jr.(エックスハチマルジュニア)
GIANT DOG-X(ジャイアント ドッグX)
COAYU SLIDE SINKER(コアユ スライドシンカー)
X-70 (エックスナナマル)

GRIFFON ZERO(グリフォン ゼロ)
QUIET GRIFFON SR-X(クワイエットグリフォン SR-X)
O.R.C BURNING SHAD(O.R.C バーニングシャッド)
VIBRATION-X DYNA(バイブレーションX ダイナ) (RATTLE IN)

(画像クリックでメガバス販売サイトへ行けます)

その他のルアーのカラーはこちらから確認できます

https://jp.megabassstore.jp/respect-color/38-cyber-illusion/

スポンサーリンク

受注は1/5(水)まで!

ご予約は受注期間中のみのお受付となります。
指定期間以外での御注文はお受付出来かねますのご了承ください。

との事なので、気になる方はお忘れなく!

「すべての商品をカートに入れる」をやってみたいですねえ。

メガバス販売サイトへはこちらからどうぞ!

https://jp.megabassstore.jp/respect-color/38-cyber-illusion/

関連記事

これまでの「リスペクトカラーシリーズ」のラインアップで自分が持っている・持っていたカラーをリストアップすると・・・

SGカスミリアクション、トリプルイリュージョン、GPテキーラシャッド、GGスモールマウスバス、GGモスバックゴールデンシャッド、モデナボーン、PMBG、GGオイカワオス、GGワカサギ、GPファントム、SGナチュラル、PMライギョ、GGデッドリーブラックシャッド、ホットタイガー、VR、ハチローリアクション、GGカスミタイガー、ドチャート、GGシャッド、湖北スペシャル

ってほとんど持ってる(持ってた)!ヤバいね!!

「リスペクトカラーシリーズ」のラインアップはこちらから

Megabass受注生産カラー

えぐの買い物 Megabass

人気記事

【2022年最新】DRTタイニークラッシュ/クラッシュ9の入荷情報・販売情報・イベント情報・入手方法
闇金ウシジマくん 凶悪キャラ『愛沢浩司(あいざわ こうじ)』
闇金ウシジマくん エピソード別まとめ
闇金ウシジマくん 滑皮が鹿島を殺した理由
闇金ウシジマくん 凶悪キャラ『鼓舞羅(こぶら)』

タイトルとURLをコピーしました