バス釣りの防寒 真冬の琵琶湖でやり切るインナー肌着と靴下

スポンサーリンク
俺の買い!bassfishing

バス釣りの防寒 真冬の琵琶湖でやり切るインナー肌着と靴下

えぐっさんです。まいど!

冬のバス釣りを快適に行うための防寒着について書きます。

バス釣りはキャスト動作が多いので、単純な”かさね着”だと快適にキャスト出来ないだけでなく、自分の汗で冷えてしまうこともあります。特に真冬の釣りはしっかりと防寒対策をして釣りに集中できる状態を作る必要があります。キャスト、ルアー操作、リーリング等などバス釣りの一連の動作を快適に行う為に、しっかりと防寒対策をして寒いシーズンのバス釣りを快適にしましょう。

ウェアの構成は目的別に大きく分けて3つあります。「アウター」「ミドル」「インナー(肌着)」の3つです。
アウター:防水性、防風性
ミドル:保温性、汗をスムーズに透過させる通気性や速乾性
インナー:保温性、発熱性、素早く汗を吸水拡散して肌をドライにする

今回は
私のアイテムを紹介しますので参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

おすすめの真冬の琵琶湖でやり切るインナー肌着

130907115713_1

私はFREE KNOT アンダーシャツシープバック超厚手、アンダータイツ シープバック超厚手を上下で愛用しています。
IMG_4261

バス釣りはキャスト動作が多いので、他の釣りよりも比較的運動量が多いほうだとは思います。しかし運動系のスポーツよりかは発熱が少ないです。そこで「ジッとしていても温かい!」をキャッチフレーズに遠赤外線で体の内側まで温める光電子素材を使用したFREE KNOTアンダーシャツシリーズがおすすめです。

シリーズには厚手、中厚手、超厚手と展開されていますが、ガッツリと超厚手がおすすめです。名前の通り羊の毛足のような起毛の超厚手生地で保温性はバッチリです。超厚手ながらごわつき感も無く伸縮性、フィット感も良いです。3D風裁断されているので、キャスト動作などでもストレス無く非常に着心地が良いです。さらに静電気抑止糸を採用しているため、冬場の静電気による不快なパチパチもほとんど無し。使えば間違いなく良さがわかります!

デメリットと言えばやはり価格ですね。
上下で買うと合計15,000~16000円ぐらいします。結構な高級品です。しかし肌着なので結構長持ちするので軽く5年は使える感じかな。それと肌着は肌に触れる面積が大きいので快適さにお金をかけるならまずはここかなと思います。接点・ヒューマンインターフェイスの部分は重要ですよ。年末のセール時期等を狙って買うのがおすすめです。

おすすめの真冬の琵琶湖でやり切る靴下

肌着つながりでついでに靴下も紹介しておきます。
同じくFREEKNOT ソックス 厚手。なんだよFREEK NOTレイヤーテック推しか!と言われそうですが、やはり釣り用のウエアとしてメーカーが「ジッとしていても暖かい」と言っているだけ有って、暖かいですよマジで。

オカッパリならこのソックスだけで十分です。ウエーディングする場合はスポーツソックスの上からこのFREEKNOT ソックス 厚手を重ね履きします。ウエーダーの水圧で足先が痛くならないし、冷えないしで一石二鳥。

IMG_4260

まとめ

肌着は
FREE KNOT アンダーシャツシープバック超厚手
FREE KNOT アンダータイツ シープバック超厚手
靴下はFREE KNOT ソックス 厚手

「釣り人のための最高の保温力。レイヤーテックアンダーウエアシリーズ」で間違い無いですね。

ではでは皆さん安全で楽しいバスフィッシングをして下さい!

バス釣りの防寒着ではこちらの関連記事もどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました